カテゴリー
自己PRについて[講師:松本]

こんにちは。本日も教室のblogをご覧いただき、ありがとうございます。今日は12月だというのに暖かいですね。福岡は夏日だそうですよ。

本日は自己PRについて書きたいと思います。

先日行われました面接練習会に私はお昼から参加いたしました。面接の実践形式は2ラウンド目に入っており、姿勢や所作が本当に皆良くなったなと感心しました。見ていてすがすがしい気持ちになりました。

その後、質問への返答を推敲して書き出す時間が設けられました。

生徒たちは志望動機、中学時代に頑張ったこと、自己PR、趣味などたくさんの項目を書き出していました。その中で「自己PR」に対する質問が多かったです。そもそも「PRってなんだ?」というところから入りました。PRはさまざまな意味に解釈されていました。

「先生、PRってプレゼンテーションのことじゃないんですか?」

「いや、プロモーションビデオのプロモーションだよ」

「先生、自分の良いところ、長所を書けばいいのですか?」

どれも正解であり、不正解でもあります。

と言いますのも、本当のPRとは「Public Relations」の頭文字であり「組織と社会との関係性」や「社会にどう受け止められるか」、それが「広報」「宣伝活動」という意味につながるわけですね。

つまり「自己PR」とは自分自身をアピールする、宣伝するというのが正解のようです。意味合い的に、自分をプレゼンテーションする、プロモート(売り込む)するも間違いではないのですが・・・ 。また、自己PRに短所を書く生徒も多数見受けられました。自分をアピールするのにわざわざ短所を伝える必要はないですよね(笑)逆に、自己PR=長所と勘違いしている生徒も多かったです。

「自己PRしてください」

「はい、私の長所は・・・」

この問答はかみ合っていません。もし長所について話したいのであれば「はい、私の長所について話したいと思います」という前置きが必要ですよね。アピールするものは長所以外にも、こんな特技がある、こんな趣味がある、こんな過去がある、など答える内容の幅は非常に広いのです。

会社の面接などでは良くありますよね。今から3分間自己PRしてください・・・など。

3分間自分の長所について話せたらある意味すごいと思いますが、面接官はさぞ複雑な気持ちで聞くことしょう。

水曜日、教室に返答内容のプリントを提出することになっておりますので、楽しみにしております。

メールでのお問合せはこちら

ページトップ

皆様のお悩みに寄り添い徹底的に応える学習塾を目指します!

個別学習のセルモ町田忠生教室 電話:042-794-9286 〒194-0035 東京都町田市忠生1丁目21-8 JA町田忠生近く
Mail:info@selmo-machida.com 無料駐車場あり
町田で塾をお探しなら中学・高校受験に強いセルモ町田忠生教室まで。

町田で塾をお探しなら都立受験に強いセルモ町田忠生教室まで。