カテゴリー

本日も当教室のBlogをご覧いただき有難うございます。

この週末、教室ではいくつかのイベントを実施しました。文章ばかりのBlogになりますが、特に新3年生の保護者様やご家庭に読んでいただきたい内容です。

まず、土曜日の午前・午後と、中学3年生の推薦入試対象者(一部一般入試対象者も含む)に向け面接・集団討論の対策会を、日曜日の午前中は中学2年生に数学の証明問題対策授業、そして午後には、最終の推薦入試対策(面接・作文・集団討論)を実施しました。

一言で表すと、「非常に疲れた」に尽きます。毎年このタイミングが一番疲れます。入試対策においては、最後まで対策が不十分な生徒がいます。例えば、面接における志望動機さえ十分にまとまっていない生徒(何度もサポートをしているものの、きちんと練習してこないケースや、勝手に内容を変えてメチャクチャな状態になっている生徒など様々です。)や、集団討論で練習した段取りが腹落ちしておらず、一言も話さず終わってしまう生徒など様々です。

我々サポートする側としては「昨日さんざん練習したのに、その内容はどこに飛んでしまったのだろう?」「あれほどまとめてくるように伝えたのに、なぜ本番直前でもやらないのだろう?」と様々な思いがあります。しかし、それを言っても始まらない(それが中学生なのです)ので時間の許す限りサポートしました。最後には、「この面接レベルを本番で発揮できればOK」「集団討論の流れが掴めた」「作文も、内容は別にして書き方・書き順は正しく読みやすい」と言ったように、それぞれが個別の手応えを掴めたと思います。

ただし、まだ5日間あります。残された期間でできることは沢山ありますので、そのポイントを生徒に伝え、終了としました。一方で、都立推薦入試は平均倍率3.5倍の狭き門です。7人に2人しか合格しません。一般入試に回ることも考え、日々の学習も欠かせません。一般入試まで30日強ですが、スイッチの入っていない生徒がいるのも事実です。その点も改めて生徒と話し合い、このタイミングで気持ちが切り替わっていない生徒には、「合格しない」意味合いをもう一度伝え直しました。何せ、ほとんどの受験生が人生で「合格しない・落ちる」と言うことを経験していません。中学は自動的に入学でき、今の学校ではあまり競争を促すものもありません。そういう意味では、「合格しない・落ちる」という風景を経験していないので、その意味合いを理解させるのは大変です。最後にはみんな頷いていましたが、その頷きを信用するわけにはいきません。日々、生徒の進捗を確認しながら、最後まで油断せずに進めていく必要があるでしょう。

さて、もう一つ実施したイベントは、中学2年生に対しての図形の証明問題の対策授業です。

証明問題は、中学2年生の数学で最大の鬼門であります。とにかく、ここで点数を落とす生徒が非常に多いのが特徴です。証明自体が、内容・手順を理解するのが難しいということもありますが、それ以上に問題なのが、そもそも図形の形自体(名称、角度、定義など)を理解していない生徒が多く(地域的に)、まずはその点をクリアする必要があります。

もちろん通常の授業はその点を留意して進めていますが、これも中学生の特徴で、「小学校の図形の基本的なルールが理解出来ていない」ときちんと伝えることが出来ない生徒が多いのです。よって、通常の授業とは別の形式で、三角形の名称の確認や、それぞれの図形の特徴など、改めて1つずつ確認しながら、その後証明の解き方、具体的な例題・・と、生徒の目線に合わせながフォローアップをしました。

実際に、直角二等辺三角形の名称が分からない生徒、頂点や斜辺がどこにあるか分からない生徒、その他様々基本事項が理解できていないことが分かりました。「なぜ中学2年生で、小学3年生や4年生で理解すべき図形がわからないんだ?」と思われる保護者様もいらっしゃるかもしれませんが、それが当地域の現実・現状なのです。

嬉しかったのは、小学生からセルモに通っていただいている生徒さんは、ほとんどその点はクリア出来ていて、対策授業をスムーズに進めることが出来たことです。「ここを理解しておかないと、中学生になって絶対苦労するから・・・」としつこく伝えてきたことが功を奏しました。

このように、とにかく1月はイベントが目白押しです。今週末は、2回目の証明対策授業、そして新3年生・新2年生を対象とした「入試制度説明会」も実施されます。昨晩から説明会の資料を作り始めましたが、果たして間に合うでしょうか?頑張ります。

【キャンペーンのご案内】

個別学習のセルモ町田木曽教室開校(2019年3月1日グランドオープン予定)に伴い、開校記念合同キャンペーンを実施中です。各教室限定20名様となり、キャンペーンや授業席数も早々に定員に達する可能性がありますので、お早めにお問い合わせ頂けますと幸いです。

カテゴリー

本日も当教室のBlogをご覧いただき有難うございます。

個別学習セルモ町田忠生教室の宮谷です。今日も快晴で気持ちの良い一日でした。

さて、昨晩自宅に帰宅すると町田市内に住んでいる知人から、「某高校の暴力映像」がツイッターにあがっているから見てご覧と連絡が入っていました。

そのツイッターを見てみると、町田市内の某都立高校で、先生が生徒を掴んでその後思い切りストレートパンチで殴っている映像でありました。衝撃的な映像です。まるで何かのドラマでも見ているような印象で、ここまで本気で殴ることはあるのだろうか?この映像は本当か?と思った次第です。

school_taibatsu

どうも同級生が携帯で撮影しておりツイッターに公開したようです。本日の報道で東京都教育委員会が処分というニュースが出ていましたので、事実ということでしょう。生活指導の先生だそうです。

これからは想像の域を脱しませんが、生徒がなにか悪いことをしでかした可能性があります。それに対し、先生が何度諭しても改善しなかったのかもしれません。しかし、こういう時こそ先生達はアンガーコントロール(怒りのコントロール)をして、別の対処を取る必要がありました。出来れば組織として対応し、問題があるのであれば保護者さんを交えて話し合う、場合によっては専門家に入ってもらう等の方法がありました。

すでに多くの中学生の間でも話題になっており、当教室の生徒も知っていました。受験にも影響あるかもしれませんね。すべてがこのような先生ばかりでないでしょうから、受験生は冷静に対応してもらいたいと思います。

しかし、根本的にはやはり今の教職員の採用方法に問題がありますね。大学で教員資格を取り、卒業すればすぐに「先生」です。一般企業での勤務経験も無い中で、学校という広いようで狭い世界で仕事をしていくと、独特な感覚になるのも致し方無いと思います。

担任制を含め日本の教育改革は課題が山積みですね。

カテゴリー

本日も当教室のBlogをご覧いただき誠にありがとうございます。

町田市の個別学習塾「個別学習のセルモ町田忠生教室」、代表の宮谷です。

実は、本日1月17日は私宮谷に取って忘れられない日です。報道される機会も徐々に減っていますが、24年前の今日阪神淡路大震災が発生した日です。

saigai_hashi_houkai

私は関西・大阪市の出身で、当時大学生でした。大阪の実家住まいで、早朝でしたが本震の前の微振動の段階で目が覚め、その後の本震はスローモーションのように景色が流れたのを覚えています。

その後、停電が2時間くらい続き、復旧後テレビを付けたら神戸の街が戦地のように燃えている風景が生中継されていました。

kaji_manshion

自分の住む町は、川に挟まれた地域で意外と地震の影響は少なく、我が家も皿が割れ本棚が崩れたくらいでした。

地震後大学に行くと、神戸に住む同級生が行方不明の噂が流れ、数日後避難所で発見されました。携帯電話がギリギリ普及し始めたタイミングだったと記憶しています。

報道も少なくなりましたが、地震が全国であるたびに思い出します。

さて本題です。

今週は、「中学受験を目指す小学生」の方の体験が続きます。昨日は、木曽境川小学校の生徒さん、週末には忠生小学校の生徒さんの体験が予定されています。

goukakuhappyou

実は当エリアで中学校受験(私立・都立)をされる生徒さんは意外と多く、私どもも毎年一定数の生徒さんを受け入れています。どういった生徒さんが中学校受験をされるのでしょうか?人それぞれ理由は異なりますが、一番多いのが「地元の中学校にはいかない」という意思決定をされている方、次に多いのが「高校受験をしなくて良いから」という方でしょうか。

「地元の中学校にいかない」と言うのは、これもいろいろな理由が含まれています。前向きな理由としては「より高度な充実した学習がしたい」「新しい友だちを作りたい」等があります。特に私立中学校は、設備が良く学習カリキュラムも独自なところが多いですからね。

後ろ向きではないけど現実的な理由としては、「地元中学校の平均的な学力の問題」「いじめの問題」等、もあります。最終的にはご家庭や生徒さんが決める問題なので、我々からあまりあれこれ言うことは避けていますが、どれも否定できない事実であり、真正面からぶつかるよりも、違う環境で過ごしたいという気持ちも良く分かります。

いずれにせよ、様々な理由で中学校受験をされますが、一番重要なのは準備期間が相応に掛かるという事です。標準的には2年ですが、偏差値が高い学校の場合は2年での対応は難しく(もちろん生徒さんが持っている学力によりますが)、3年みっちり準備に掛けたいところです。そうすると、遅くとも5年生から早ければ4年生からの準備を進めて頂きます。

受験対策と言うとどういうことをやるか?それも生徒さんや目標とする学校により千差万別ですが、共通点としては「小学校の勉強をなるべく早く終わらせる」という事です。ベースはあくまでも小学校の学習範囲となりますので、きの基礎は絶対に必要です。基礎があり、応用に発展します。早い生徒さんだと5年生の夏休みくらいまでに6年生の範囲までを終わらせます。

基礎が終われば、次に応用です。各受験校に合わせた専用教材で、様々な問題を解いていきます。特に算数は、小学校で習っていない解き方やルールがあり経験を重ねる必要があります。レベルとしては中高生や大人でもなかなか解けないような問題もありますので、途中で挫折してしまう生徒さんもいます。そこで踏ん張るか、現実感が無いので目標を変えるか、このあたりも志望校選びのポイントになっていきます。

というように、高校受験以上に様々なことを考えなければならず、またちょうど多感な時期に入る年齢ですので、生徒さんとの「握り」も高度に必要となってきます。保護者さんの思いだけでも進まないところがあるので、特に初期段階でのコミュニケーションはしっかり取っていかなければなりません。

当教室では、概ね偏差値55くらいまでの中学校受験を支援しています。60を超える偏差値の学校は、やはりそういった学校専門の学習塾さんにおまかせするのが良いでしょう。ただし、授業料や教材費は半端なく高いので、そのあたりの折り合いをどうするか?保護者さんに取って頭の痛い問題です。

【キャンペーンのご案内】

個別学習のセルモ町田木曽教室開校(2019年3月1日グランドオープン予定)に伴い、開校記念合同キャンペーンを実施中です。各教室限定20名様となり、キャンペーンや授業席数も早々に定員に達する可能性がありますので、お早めにお問い合わせ頂けますと幸いです。

カテゴリー

本日も当教室のBlogをご覧いただき誠にありがとうございます。

昨年末に調査された都立高校志望校調査の結果が2019年1月8日発表されております。なお推薦入試の入学願書受付は1月23日(水曜日)で、実施日が1月26日(土曜日)、1月27日(日曜日)です。

調査は推薦入試・第一次募集・分割後期を細分化したものはないので、あくまでも高校の人気調査の参考になる資料です。また男女の倍率も大きく異なります(男女それぞれの定員を定めない学校もあります)。進路指導の資料の一つとしてお考え下さい。無論、今月実施される推薦入試で定員割れすることはないでしょう。

以下調査結果 ※実質倍率ではありません!

町田市の一番人気は成瀬高校 男子1.57倍です。ついで町田高校 男子1.40倍です。八王子市ですと、松が谷高校が男子1.81倍 女子1.78倍です。一番人気は富士森高校 女子1.86倍です。

【町田市】(参考数値)

小川高校  男子1.24倍 女子1.11倍

成瀬高校  男子1.57倍 女子1.23倍

野津田高校 男子0.90倍 女子0.67倍

町田高校  男子1.40倍 女子1.25倍

山崎高校  男子0.94倍 女子0.56倍

町田総合  男女合算 1.08倍

町田工業  男女合算 0.83倍

【その他】(参考数値)

松が谷高校 男子1.81倍 女子1.78倍

富士森高校 男子1.27倍 女子1.86倍

若葉総合  男女合算 0.83倍

片倉高校  男子1.38倍 女子1.04倍

新宿山吹  普通科 男女合算 1.07倍 情報科 男女合算0.75倍

八王子拓真 普通科 男女合算 1.08倍

※ 定時制はいずれも第一部、第二部、第三部の順が人気順です。

いかがでしたでしょうか。本来、正確な倍率は願書が提出されて初めてわかります。しかしながら、昨年12月の時点での志望校の人気度はご覧のとおりです。新3年生の生徒さんをお持ちのご家庭は、お子様の将来に通じる志望校選びが必要です。専門系の職業なら総合高校、工業高校、高専がおすすめです。何も決まっていないなら普通科かつお子様の学力より少し上の高校を目指してください。それは努力することを学び、高い偏差値の学校ほど大学進学率が良いからです。そして高校見学へ早めに足を運んでください。

中学生は本当に忙しいですね。部活に定期テスト、合唱祭、体育祭、修学旅行そして人間関係。それでもお子様を大きく成長させ、充実した日々を送らせることができるのも中学時代です。個別学習のセルモ町田忠生教室、町田木曽教室は、地域の皆さまとともに成長し、歩んでまいりたいと願っております。

 

 

【キャンペーンのご案内】

個別学習のセルモ町田木曽教室開校(2019年3月1日グランドオープン予定)に伴い、開校記念合同キャンペーンを実施中です。各教室限定20名様となり、キャンペーンや授業席数も早々に定員に達する可能性がありますので、お早めにお問い合わせ頂けますと幸いです。

カテゴリー

本日も当教室のBlogをご覧いただき、誠にありがとうございます。

昨日は本当に多忙でした! ・・・と言うのも、まず小学校4年生の生徒様のご入塾手続き(今週から授業開始します。)、その後小学4年生、5年生、中学1年生、2年生と4人の方の体験授業のお申込み・・と、息つく暇もなくお話やご対応をさせていただきました。本当にありがとうございます。授業自体も混雑している曜日で、且つ難しい単元に入っている生徒が多く、指導もより丁寧さが必要な状況でした。

busy_man

今年の新年の動向を見てますと、例年に比べ学習塾探しをされるご家庭の動きが早いように感じます。理由としては、年末年始を含め天候が安定しているからと考えています。昨年は、新年は特に天候が芳しくありませんでしたので、全体的に動きが遅く2月に入ってからの動きが中心でした。人間と言うのは面白いもので、様々な環境に影響を受けるものですね。特に天候は一見関係の内容に見える我々学習塾の世界でも、大きく影響を受けますので常に注視しています。

tenki_mark01_hare

さて、お知らせとしては、そろそろ町田忠生教室の新中学3年生の受け入れは厳しい・・状況になってきました。今体験に来られている生徒さん+1,2名で定員となります。ご入塾の状況次第ではありますが・・、特にご検討中の方はお急ぎくださいませ。町田木曽教室は新教室(3月1日グランドオープン)ですので、まだ十分に対応可能です。1月2月は忠生で、3月以降は木曽というパターンも可能です。

【キャンペーンのご案内】

個別学習のセルモ町田木曽教室開校(2019年3月1日グランドオープン予定)に伴い、開校記念合同キャンペーンを実施中です。各教室限定20名様となり、キャンペーンや授業席数も早々に定員に達する可能性がありますので、お早めにお問い合わせ頂けますと幸いです。

メールでのお問合せはこちら

ページトップ

皆様のお悩みに寄り添い徹底的に応える学習塾を目指します!

個別学習のセルモ町田忠生教室 電話:042-794-9286 〒194-0035 東京都町田市忠生1丁目21-8 JA町田忠生近く
Mail:info@selmo-machida.com 無料駐車場あり
町田で塾をお探しなら中学・高校受験に強いセルモ町田忠生教室まで。

町田で塾をお探しなら都立受験に強いセルモ町田忠生教室まで。