セルモの教室長BLOG

Selomo Blog

勉強は芝刈りと同じ[代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただきありがとうございます!


昨日は日曜日で教室は休講でした。まる一日お休みを頂いていましたが、ずっと長雨でメンテナンス出来ていなかった自宅の庭の芝生を刈りました。夏の芝生はおおよそ3週間〜1ヶ月おきに刈り上げないと行けないのですが、この長雨でなかなかチャンスが無くおおよそ2ヶ月ぶりになりました。


(実際はこんな笑顔で刈っていません!)


当然、芝生自体も長く伸び、雑草も沢山生えていました。その状態から刈り込むのですが、雨の後なので芝生や草が濡れており、大変刈りづらい思いをしました。通常1時間半位で終わる芝刈りが、結局3時間ほどかかってしまい大変疲れました。また刈り込んだ芝生は、長く伸びすぎたせいで根本の茶色く変色した部分を刈らざるをえず、見た目があまり良くなかったことも付け加えておきます。


芝刈りをしながら、「これはまさに勉強と同じだなあ・・」と感じました。セルモには、長い期間勉強が苦手なまま時が過ぎ、さすがにこのままではまずいと思いご入塾される生徒さんが大勢いらっしゃいますが、今回の芝刈りと同じように、一般的な状態に戻すまでには大変時間がかかります。苦手箇所や科目が複数積み重なっていることや、塾で復習に取り組みつつも、学校でいま勉強している内容の予習・復習も必要なので、勉強時間が確保出来ない等の原因があります。


やはり苦手になる前に、メンテンナンスを行うことが重要です。勉強の場合は芝刈りと違い、先に勉強することが出来ます。芝刈りは伸びないと刈れませんが、勉強は予習や先取り学習が出来ますからね。

6月、7月と町田忠生教室・町田木曽教室で10名以上の生徒さんがご入塾されましたが、皆さん共通しているのは「もっと早く手を打つべきだった。」と言うことです。「後悔先に立たず」という諺通りの事が、勉強では起こります。そうならないよう、学習に苦手や遅れが無いとしても模擬試験等でチェックを受けたり、学習塾で先取り学習に取組むなど、前向きな学習を是非お勧めいたします。