セルモの教室長BLOG

Selomo Blog

真剣勝負の体験授業[代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただき有難うございます。

新年もはや1月6日で、来週からは各小中学校でも授業が始まりますので、徐々にお正月気分から抜け出してくれるものと思います。現時点では、遅刻したり授業を忘れていたりとお正月気分が抜けない生徒さんが多いですね。

calender_man

さて今日のBlogのタイトルをご覧になって、「真剣勝負の体験授業と書いているが、体験授業であろうが通常の授業だろうが、真剣にやるのは当たり前だろう?」と思われるかもしれません。

当然、どの授業も「一期一会の精神」で真剣勝負です。しかし、体験授業と通常授業で違う点は、生徒さんの特徴を正確に把握しているか否かです。特に初回の体験授業では、事前に保護者様に生徒さんの性格や個性、学力の状態を聞いてはいるものの、事前の想定とズレがある場合もあり、より一層神経を研ぎ澄ませて対応しなければいけません。

先日も、コミュニケーション面で課題があると、事前に保護者様から伺っていた体験がありました(実際はもっと細かい情報を聞いています。)。過去の経験から、今回のようなケースでは、「あまり本人に意見や答えを求めすぎない」「本人のペースを大事にする」「ゆっくり話す」「◯◯」「△△」「・・・」と、それこそ数え切れないほど様々な対応のポイントがあり、それを講師陣とも事前に共有した上で、体験を実施させていただきました。

school_soudan_man_girl

当日体験授業を実施しながら、実際の生徒さんの表情や動き、学習の状況を見ながら、対応を調整していきました。90分の体験授業内で、小さいながらも生徒さんのコミュニケーションに変化が感じられ、また授業後の面談では保護者様も思ってもみなかった発言が生徒さんから出るなど、保護者様にとっても収穫があったのではないかと思われます。

しかし、生徒さんとの会話では生徒さんが体験授業に満足したか、当教室に通いたいと思ったか?それらの状況を正確に把握することが出来ず(あまり意見を求めすぎると、御本人がプレッシャーに感じると思われたため)、当日は時間が遅かったということもあり、後日保護者様からご連絡を頂くこととなりました。

その後、保護者様からお約束通りご連絡を頂き、教室で生徒さんは表現をされることは無かったのですが、家に帰られ生徒さんと会話されると「本人はもうセルモに通う意欲満々」というコメントを頂くことが出来ました。保護者様からも我々講師陣の熱心な対応に感謝頂きました。

school_blazer_girl_kurubushi

このようにお褒めの言葉を頂け、我々も今回の体験学習に真剣に望み本当に良かったと思います。また、当日はなかなか確信は持てなかったものの、過去の経験から学んだ対応のポイントをしっかり実践出来たことも正しいことであったと確信することが出来ました。

来週月曜日以降も体験が続いていきます。同じように、一人ひとりのお子様にあった対応が出来るよう、真剣勝負で望んでいきたいと思います。

【キャンペーンのご案内】

個別学習のセルモ町田木曽教室開校(2019年3月1日グランドオープン予定)に伴い、開校記念合同キャンペーンを実施いたします。各教室限定20名様となり、キャンペーンや授業席数も早々に定員に達する可能性がありますので、お早めにお問い合わせ頂けますと幸いです。

カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2019.01.06