セルモの教室長BLOG

Selmo Blog

教えること 考えさせること[教室長:松本]

いつも当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


先日、私のテンパーに触れる出来事が久しぶりにありました。

生徒が「わかりません」というので、まずはヒントをノートに書いて考えるよう指示しました。

生徒が続けました。


「教えることが仕事じゃないんですか?」



はっきり言って、私の仕事は「教えること」ではありません。

個別学習のセルモの場合、勉強はプロの講師がレクチャービデオで教えてくれます。

私の仕事は、「生徒に考えさせ、自分自身で問題解決ができるよう導くこと」です。

priorityは「教えること」ではなく「考えさせること」です。

そのアプローチ方法は様々で、時には面白く、時には褒めちぎり、時には厳しく接することもあります。


もちろん、最初からそういうスタンスではありません。

入塾したばかりの生徒ですと「勉強=教わること」が染みついていますし「考えること」の意味すらわからない生徒も多いですからね。


いずれにしても、私は生徒を信用しているので絶えず働きかけているのです。


1学期が終わり、次々と生徒たちが通信簿を持ってきてくれています。その数字が、観点別評価のアルファベットがすべてを物語っています。


本当によく頑張っていますよ。

周りを気にするのではなく、周りに気を配り、学び続けてほしいと思います。

カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2019.07.23