セルモの教室長BLOG

Selomo Blog

小学生から英語を始めた結果 [副教室長:松本]

いつも当教室のblogをご覧いただき、誠にありがとうございます。


中学校に入学して、初めての中間テスト。

小学生のころから英語を頑張っていた生徒たちの英語の結果をみて思わず微笑んでしまいました。100点でした!


どんなに勉強しても、隅々までチェックしても、なかなか100点は取れるものではありません。それだけに「すごいな!」と思いました。


そして、個別学習のセルモで学習してもらってきたことが間違っていなかったと改めて確信が持てました。きっと保護者様も喜んでくださったことと思います。


アルファベットの書き順、書き方をスタッフが細かくチェックし、どんな単語のスペルミスもパソコンは見逃しません。大文字・小文字・ピリオド・カンマ、クエスチョンマークも絶対見逃されることがありません。


そういう学習をしつつ、生活態度、正しい姿勢、遅刻、提出物などもご家庭と教室でタッグを組んで連絡を取り合った結果だと思います。


良いスタートがきれました!現中1から都立入試にスピーキングテストも導入されます。オンライン英会話もやっているので心配いりませんね!


頑張れ頑張れ!


カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2019.05.31
保護者面談[副教室長:松本]

いつも当教室のblogをご覧いただき、誠にありがとうございます。

現在、受験生の保護者面談を実施しております。教室での様子と学習課題、模試結果からみる志望校への見解、今後の学習方法などが主な議題となります。

その中でも、保護者様の悩みには共通点がございます。

「自分だったらこうするのに、どうしてこの子はわからないの?」

私たち大人は経験の中で、いかに要領よく行動するかを学んできました。

それだけに我が子を見てもどかしく感じることもあるでしょう。

また、忘れてはいけないのが子供たちは「別の人間」だということです。

性格も、運動能力も、得手不得手も全て固有のものなのです。

あまりうるさく言いすぎるとお子様が殻に閉じこもってしまいます。

また、ため込んでいた「いら立ち」を一気に放出するのも避けたいですね(笑)

その場、その場で言えることが理想的ですね。

また、子供たちもあまりセンシティブになってはいけませんね。

授業中、生徒がノートをしっかり書いていない、練習していない、手抜きをしているような状況を一度でも見過ごすと、あまり良い結果を招きません。遅刻も必ず呼び止めて理由を聞きます。

急に全てをひっくるめて雷を落とすと、子供たちは必ず反発します。

塾でもご家庭でも都度適量の雷を落とすのが良いのかもしれませんね。

カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2019.05.29
もう開校して丸7年です! ということで、開校7周年記念合同キャンペーンを実施します!! [代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧頂きありがとうございます。

さて、町田忠生教室が今月末で開校7周年を迎えます。あっという間でしたね・・。

色々思い返すことはありますが、とにかく全てのお客様への感謝、また頑張って教室を支えてくれている講師陣に感謝です!

6月1日(土)から、開校7周年記念の合同キャンペーンを実施させていただくことになりました。

対象は、町田忠生校と町田木曽校へのご入塾となりますが、詳細は以下のリンクを御覧ください。

開校7周年記念 合同キャンペーンのお知らせ!

実は先日町田木曽教室でご入塾された生徒さんは、少しフライングでしたがこちらのキャンペーンを活用されご入塾されました。

塾選びは色々悩みますよね。

当然我々セルモは、授業品質や実績に自信を持っていますが、ご入塾条件がお得なタイミングにご決断頂くのが良いと思います。

ということで、町田木曽教室は残り6名様です。町田忠生教室もこの週末でお問い合わせを頂きました。

1学期期末テストが近いということもありますが、早期に定員に達すると思います。

どうぞ、お早めにお問い合わせくださいませ。

2019.05.26
中学1年生の新たな仲間が![代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧頂き、誠にありがとうございます。


今日は本当に暑いですね!自宅で10時過ぎに庭に出ると、一気に汗が吹き出しました。この暑さだと、今日体育祭の学校はかなり厳重注意だったと思います。


酷暑に無理をすると良いことはありません。特に子供やお年寄りは注意が必要です。水分を取るのが好きではない人もいますので、随時声を掛けてあげて水分を取らせて上げて下さい。できれば、熱中症予防の飴を持っておくと良いですね。

さて、今週体験学習に来られていた町田第三中の中学1年生の男子生徒さんのご入塾が決まりました。お母様に手続きに来て頂き、早速来週から授業を開始いたします。


お母様にはお伝えしたのですが、実はこの時期のご入塾は意外とフォローする学習塾側も、学習する生徒さん側も大変なのです。中学1年生で学習を苦手とされている生徒さんの場合、中学1年生の最初からか、場合によっては数学などは算数の復習が必要な場合があります。


これが年が明けた1月や2月からのご入塾だと、学習ペースにもよりますが、課題をある程度潰しこむことが出来ます。しかし、5月や6月からのご入塾だと、すでに新学年は3ヶ月ほど進んでおり、当該学年の復習も、前学年までに課題があった場合の復習も、進め方を相当考えなければいけません。


今日もお母様とその点について議論させて頂きました。具体的な中身は差し控えますが、保護者さんとしっかり打ち合わせすることが出来、学習のスタート地点が決まりました。


ご兄弟は高校生で、大手の学習塾に通われていたそうですが、ここまでしっかり面談してくれなかったとの話でした。嬉しい褒め言葉を頂きました。

我々地域密着の学習塾は、地域の実情をよく知っている分、生徒さん達に今後起こりうる学習面での課題や解決策を詳細に把握しているわけです。様々な点を保護者さんと共有し、ご家庭でもモチベーション面や学習の環境づくりなど、ご協力くださるようお願いしております。


さあ、来週から授業が開始です。頑張っていきましょう!!

考えさせられずに教わった可能性 [副教室長:松本]

いつも当教室のblogをご覧いただき、誠にありがとうございます。


昨日、町田市にございます七国山小学校で運動会の練習をしていた児童約30名が体調不良を訴え、男女5人が熱中症の疑いで病院に搬送されました。幸い命に別状はないとのことですが、健康管理に問題はなかったか改めて再確認する必要がございます。正直、いったん子供を学校に預けてしまったら、私たちにできることは多くありません。そんな中でも学校任せにせず、小まめに水分を取る、熱中症飴を持たせる、日陰で休む、などの注意勧告をすることが大切ですね。


さて、本日は子供たちの学力についてお話ししたいと思います。

保護者の皆さまは現在のお子様の学力の状況を把握されておりますでしょうか?

例えば

Q 1センチメートルの10等分は?

A 1メートル


Q 90分は□時間□分

A 3時間30分

これらはほんの一例ですが、驚くような間違えではありません。

原因として学校で≪考えさせられずに教わった可能性≫が挙げられます。


「1時間は60分です。だから90分は1時間30分です。」

このような授業では知識は定着しません。

知識とはどんどん生徒に自発的に考えさせて初めて定着します。


『1時間は60分です。では2時間は何分?じゃあ3時間は?すごいね。じゃあ5時間は?そうそう。じゃあ今度は難しいよ!1時間と30分は何分?考えてみて!』

こういう方法で生徒の頭を活性化させながら知識を深めていくことが肝心ですね。

私たちスタッフは一人ひとりの生徒と話す時間は多くないですが、短い時間でいかに有意義な会話ができるか考えております。個別学習のセルモはパソコンを使ったデジタルAI学習なので、自分で学び、考えるスタイルをとっています。将来、そういう力が求められているのではないでしょうか。

カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2019.05.24