セルモの教室長BLOG

Selmo Blog

「わからない」を大切に

先日、生徒に言われました。
先生は英語の先生に見えない。
国語とか社会っぽいですよ。

基準がなんなのかわかりませんが、見た目ですかね。
それなのに私に地学と物理の質問をするのはなぜでしょう笑

私の専門がなんなのか、正直わかりません。

民間の教育現場では、すべて教えられるのが当然です。

私は日本の教育を中学から受けました。
それまではオーストラリアで野山を自転車で走り回っていました。

したがって、出発点は「わからない」でした。

定期テストで「ミカヅキモ」を「ミカズキモ」と書いて不正解でした。
笑われました。
友達に「舌打ち」の意味を聞いたこともあります。そして国語の教科書に「ちぇっ」と書きこみました。
実はその教科書、隣のクラスの子から借りたもので、
後で爆笑されました。

一つだけ確かなことは、私には「わからない」気持ちが「わかる」ことです。

わからないことは、恥ずかしいことではありません。
わからないことを隠したり、劣っていると考えないでください。
わかるために、どうすれば良いのか考えることが大切だと思います。

私の仕事は確かに教えることです。
しかし、本当の願いは「思いやり」と「自己解決力」を持ってほしいということです。

だから今はまだ、わからなくていいのです。


カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2017.12.23