セルモの教室長BLOG

Selomo Blog

点数アップの秘訣【講師:安齋】

いつも当教室のブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は町田忠生教室と町田木曽教室の両教室の2019年度2学期中間テストの結果をお知らせいたします。


今回の中間テストでは1学期の範囲よりテスト範囲が広く、学習範囲の難易度が高いです。その中で、定期考査の点数が下がらないはずがありません。

難易度や範囲が難しく広くなった中で、個別学習のセルモに通う生徒たちは点数をキープ、または点数をアップさせていました。これは素晴らしい結果でした。ご覧くださいませ!


両教室で


80点以上57枚獲得!!

5科400点以上7名!

前回テスト比点数アップ110枚獲得!!


満点獲得!!


忠生中学校 3年 英語100点


前回比、点数アップ


忠生中 3年 数学 43点アップ!!

山崎中 2年 理科 39点アップ!!

山崎中 1年 理科 36点アップ!!

忠生中 3年 社会 32点アップ!!

忠生中 3年 国語 32点アップ!!

忠生中 2年 理科 31点アップ!!

忠生中 3年 数学 27点アップ!!

忠生中 3年 数学 26点アップ!!

山崎中 3年 英語 25点アップ!!

山崎中 3年 国語 25点アップ!!

木曽中  1年 理科 25点アップ!!

木曽中 3年 理科 24点アップ!!

第三中 1年 社会 22点アップ!!

第三中  2年 英語 21点アップ!!

小山田中3年 理科 20点アップ!!

木曽中 3年 社会 20点アップ!!


他多数!!

皆さんよく頑張ってくれました!!


個別学習のセルモではテストごとに「テスト対策授業」を実施しています。

テスト対策授業では数学と英語を基幹科目として学習をしており、理科社会などの学習も進めていきます。テスト対策授業では個人個人の苦手科目やテスト範囲(1・2年生の復習が出る学校はその範囲も)に合わせてカリキュラムを立てて進めています。

テスト対策授業とは別途で希望者に「テスト対策プリント」の配布をしています。

このテスト対策プリントはテスト範囲より、講師陣がテストに出題されやすい、生徒が苦手にしており問題演習が必要な部分をピンポイントで印刷をして配布をしています。

今回の木曽中学校の数学のテストの場合は3年生の学習分野と1・2年生の既習分野の出題がされましたが、講師が予想範囲を的中をして生徒が高得点を獲得しています!!


また、個別学習のセルモ町田忠生教室、木曽教室では自習場所を完備しています。テスト期間中は自習室で生徒たちは暗記物に集中して取り組んでいます。

そこで暗記プリントを配布したり、知識整理の問題を出題するなど授業時間外でのフォローもしっかりとさせていただいています。


以上中間テスト結果のご報告でした。

個別学習のセルモに通う皆さんはよく努力をしています。

期末テストの対策授業も只今実施中ですが、今回もよい結果を残せるように精一杯サポートいたします!!

塾の外[教室長:松本]

いつも当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


今週の月曜日に忠生中学校では合唱コンクールがございました。本当は普段と違う生徒の様子を見たかったのですが、仕事で行けませんでした(笑)。私の時代と違って、合唱コンクールは外部の会場を借りる大きなイベントになっています。私の時代では本番は体育館で行いました。


今でも当時響いていた曲たちを思い出します。「あの素晴らしい愛をもう一度」「翼をください」「蔵王」「河口」などなど。歌っていいですよね。


ずっと教室の中にいると、勉強ばかり目が行ってしまいますが、生徒たちの日常は実に色彩豊かに彩られているのです。


漫画「鬼滅の刃」の話に花が咲き、RADWIMPSなどの好きなアーティストの話で盛り上がり、将来の夢や悩みを語り合っていることでしょう。


皆さまにとって、学生時代はいかがでしたでしょうか?もしも生活を10分割したら、勉強はどれほどの割合を占めていたでしょうか?7割、5割、3割、はたまた1割なんて方も!?


私事で大変恐縮ですが、学生時代は本当に色々ありました。友人関係、男子バレーボール部、軽音楽部、合唱部、生徒会、委員会、運動会、校外学習、文化祭、合唱祭、定期テスト、受験。朝から晩まで毎日が目まぐるしく過ぎて、充実しておりました。


生徒たちは、その忙しさの中で塾に来ているのです。勉強はもちろん大切です。しかしながら、子供たちは勉強だけで成長できるわけではありませんよね。常にそういう視点をもって生徒たちと接していないと、真実が見えなくなることもございます。


私たちの仕事はいたってシンプルです。生徒たちが勉強がわかるようになり、無事受験を突破できれば良いのです。それは目に見える氷山の一角で、それを達成するにはもっと深く深く生徒たちを支えていかなければならないと考えております。

2019.10.29
お子様は塾で何を学習しているのでしょう?[教室長:松本]

いつも当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


皆様はお子様が学校や塾で何を学習されているのかご存じでしょうか?なかなか宿題の状況や授業の様子など把握するのは難しいですよね。


中には1か月分の授業報告をご家庭に郵送してくれる塾もございます。でも1か月も前のことを今さら知らされても・・・ちょっと遅く感じますよね。


ほとんどの塾は一度入塾したら中で何をしているのか把握するのは困難です。


個別学習のセルモでは授業があったその日の授業内容が、当日保護者様の携帯やパソコンにメールで届きます。たいへん保護者様からご好評をいただいており、休日に一緒に学習に取り組むこともできますし、お子様との話題にもなります。


報告内容は


1 科目

2 授業報告者 講師名

3 前回の宿題内容とその実施の有無

4 授業実施内容(教科書のページ数と単元名)の課題と成果

5 小テスト得点、課題と成果

6 本日の宿題(教科書のページ数と単元名)


学習内容だけでなく、気になることがあればお子様のご様子も併せてお伝えしております。特にこの時期は体調を崩しやすいので、私たちも目を光らせております。


お陰様で、教室では毎月体験授業をしてご入塾される生徒さんが多数おります。今週から新たに中学1年生と小学6年生の生徒さんがご入塾されました。違うお子様の体験授業もすぐ控えております。しっかりお子様の学習をサポートできるよう努めてまいります。


さて、いよいよ明日からは忠生中学校の中間テストが始まります。かと思えば、2学期期末テストの準備がすでに始まっております。ほとんどの中学校の期末テストは11月中旬に集中しております。生徒たち全員が満足のいく結果が出せるよう、スタッフ一同全力で応援いたします!

2019.10.09
夏期講習を終えて[教室長:松本]

本日も当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


夏期講習もあっという間に終わり、教室ではもう中間テスト対策の準備に追われています。


さて、本日は小学生の夏期講習の様子について書きたいと思います。


小学校5年生は算数の2学期先取りコースを受講された生徒さんが多かったですね。

公倍数と公約数を学び、それが分母の違う分数を通分して計算する学習につながりました。


中学数学に直結する内容ですが、容易にはいきません。特に文章問題はややこしく、なぜ最小公倍数を求めるのかが理解できない上に、最小公倍数も導けないという状態の生徒さんは少なくなかったです。


例えば、

Q「たて10cm横4cmの長方形を使って正方形を作るには縦・横何枚ずつ並べればよいか」

A「えええ?長方形を正方形に???なにそれ?意味わかんない」



でも、その気持ち良くわかります!だっておかしいじゃないですか、長方形を並べて正方形を作ればサイズが変わりますよね。せめて一言「大きな正方形を作ります」と加えてほしいものです。


大人ですと、少し考えれば経験上理解できますが、小学生には何が何だかわかりません。


しかし、何事にも突破口はあるものです。まずは絵を描いて補足説明をします。それでダメならカードを取り出して実際に並べてみます。そうすることによって徐々に生徒は問題の意味が分かってきます。そして、その作業が経験となり、やがて理解できるようになるのです。


楽しく学びましょう!

2019.09.09
生活リズムと勉強のスケジューリング [講師:安齋]

本日も当教室のブログをご覧いただきありがとうございます。


本日のテーマは生活リズムと勉強のスケジューリングです。

夏休みを迎え、学校もなくいつもより遅く起きている生徒さんはいらっしゃいませんでしょうか。

また、深夜まで起きて夜型の生活リズムに陥ってしまってませんでしょうか。


生活リズムの乱れは学習にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

生活の中で唯一体も脳も休める時間は「睡眠」です。

睡眠はがむしゃらに時間数を多く寝たり、時間帯を気にせず、夜に睡眠をとらずにお昼に多くの睡眠をとることは生理学上望ましくないです。


生活リズムを整え、睡眠の黄金時間「22時~2時」は必ず寝るように生活リズムを正してはいかがでしょうか?

生活リズムか整うと、勉強時間などの予定も立てやすくなるはずです。


また、勉強のスケジューリングで大切なのは「復習」をメインにすることです。

新しい単元の学習も重要ですが、復習を繰り返し記憶を長記憶にする必要があります。

エビングハウスの忘却曲線をご存じでしょうか。内容は以下の通りです。


人が何かを学んだ時、

・20分後には42%忘れる

・1時間後には56%忘れる

・9時間後には64%忘れる

・1日後には67%忘れる

・2日後には72%忘れる

・6日後には75%忘れる

・31日後には79%忘れる


といった内容のものです。新しいものに取り組むより復習に取り組むほうが効率的に学習内容を覚えていられるのです。


この夏は復習をメインに学習計画を立て、2学期での躍進を目指してみてはいかがでしょうか。

2019.08.02