セルモの教室長BLOG

Selmo Blog

懸垂幕更新しました! [代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただき誠にありがとうございます。


本日11日(土)も朝から1学期期末テスト対策を実施中です。


午前中は、学校登校日の生徒が多く、少人数です。昼からはほぼ満席で運営予定です。


今週テストが終わった生徒に聞いてみたところ、ほぼ手応えバッチリ!という生徒もいたので、結果返却が楽しみですね。


来週スタートの学校や、再来週スタートの学校もあるので、町田市はもう少しテスト日程を統一して欲しいところであります。


さて、今週木曜日に町田木曽教室の懸垂幕を新しいものに更新しました。


かなり目立つ懸垂幕ですので、すでに外観の変化に気付いていただけたお客様もいらっしゃり、さっそく木曜日だけで、ご入塾検討のお問い合わせを2件頂いております。ありがとうございます。


新しい懸垂幕は、「さかのぼり」が得意な個別塾!!「3ヶ月」でも「1年」でもお任せ下さい。と記載しました。


実際のところ、1年どころか3年・4年さかのぼって復習されている生徒さんもいらっしゃいますし、3ヶ月先を先取り出来ている生徒さんもいます。


セルモのデジタルAI学習システムであれば、コロナ休校期間の3ヶ月は全く問題なく復習出来ます。


最近、デジタル教材を導入する学習塾さんも増えてきましたが、「単なる映像の垂れ流し教材」であることが多いのでご注意下さい。


セルモシステムは、映像にレクチャープリントがセットされ、生徒さんが単に映像を見るだけではありません。しっかり自らポイントを書き取る仕組みがあります。


また関連する問題も、基礎的な用語や知識の理解を促進するための「ウォームアップ(身体を温める)問題」から、標準・発展・応用など、レベルに応じて学習することが出来ます。発達のお悩み等でノートを取るのが苦手な生徒さんは、プリントでの学習も可能です。


間違えても、ヒントが情報として提供され、もう一度応えるチャンスを提供。できるだけ生徒さん自ら答えを導き出してもらいます。それでも間違えたら解説を提供し、講師がバックアップします。教え過ぎは生徒さんの主体性が無くなりますので、適度な指導を心がけています。


間違えっぱなしで、次の単元には行きません。きちんと類題を復習して理解してから、次に進みます。スモールステップで確実に学習できるのが、セルモシステムの良いところです。

今年から教科化された、「小学生英語」を含め、5教科すべてが学校の教科書に完全準拠していますので、セルモでの学習の成果が学校の成果に直結します。

教室内はとても静かです。私語で勉強に集中出来ない学習塾も多いですが、セルモは100%そんなことはありません。昨日も町田第三中学校の男子生徒さんが、家では兄弟がうるさく集中出来ないけど、塾は静かで集中できると言って帰っていきました(笑)。弟さんと仲が悪い!と言っていましたが、なぜか同じ部活だそうです。仲良くしてくださいね!


2020.07.11
1学期期末テスト対策を始めます。外部生の方も体験を兼ねて参加可能ですよ!! [代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧頂きありがとうございます。


先週から、地域の皆さんに「学校休校措置応援キャンペーンのDM」を配布させて頂いております。お届け出来てないご家庭がございましたら、お気軽にご相談下さいませ。

さて、緊急事態宣言が解除されて2週間以上経ちました。子どもたちの様子も、徐々に学校に馴染んできた一方で、再開後の疲れが見える生徒もいて、もう少し落ち着くまでは時間が掛かるのかな?という印象です。今週15日(月)から、分散登校から通常登校に戻りましたので、体調を崩さないようにしたいものです。

そのような落ち着きが無い中ですが、各学校の1学期期末テストまで約1ヶ月前を切りました。学校によって日程がバラバラなのが困るところですが、早い学校だと7月8日(水)から。遅い学校は7月20日(月)から開始されます。

当教室は忠生と木曽で、町田市内の中学校だけでも忠生中・山崎中・小山田中・日本漏話学校・木曽中・町田第一中・町田第三中・南中・・・、と様々な地域の中学校の生徒さんが来校していますので、スケジュールの把握が非常に大変です(笑)。


例年の1学期期末テスト(6月末〜)と比べると遅くはあるのですが、学校再開から1ヶ月強で期末テストが行われますので、生徒も気持ちが追いついていない面があります。


そのようなことを配慮し、また感染症を予防するための「新しい生活様式」に対応するため、個別学習のセルモでは今回の定期テスト対策から、新たなプログラムをご提供させて頂くことになりました。6月20日(土)から開始し、7月11日(土)まで続きます。

従来はテスト期間の土日を中心に登校してもらい、通常授業で受講されている科目のテスト範囲が終わっていない場合は、その範囲を追いつくための学習、すでにテスト範囲を終わっている場合は、それらの復習か、通常科目で選択していない科目を学習して頂いていました。


しかし、教室でのテスト対策の場合は、座席にも限界があるし、また新しい生活様式では接触機会を減らさなければならない側面もありましたので、今回から大きく分けて3つのカリキュラムを組み合わせ、定期テスト対策をご提供させて頂きます。


【オンラインでのサポート】

①定期テスト対策準備ガイダンス

定期テストで結果が出ない生徒さんは、要は段取りが組めていない場合が多いのですが、具体的にどのように段取りを組んで進めていけばよいか、そのポイントをオンラインでお話させて頂きます。


主に中学1年生の生徒さんが対象ですが、入塾間もない生徒さんや、きちんと段取りを組めていない生徒さんを含め、どなたでもガイダンスを受講頂けます。


また、主に用語の暗記が必要な、理科・社会の勉強の仕方もこちらで解説します。

②学習ポイントレビュー

数学・英語・国語の学習ポイントをオンラインで学年別に説明します。


数学は理解すべき公式やルール、また計算問題はミス無く計算するためのポイントを詳細に説明します。

英語は、覚えておくべき文法や、教科書本文の流れを説明します。


国語は、今回は詩・物語・説明文の基本的な学習法や、教科書の各単元のポイントを解説します。


これらのポイントレビューを聞いておけば、効率的に学習が進むはずです。


③総合実践演習

テスト直前には、教室に来校してもらい5科目の総合実践演習を行います。おもにテスト範囲の問題を解きます。

このように、オンラインとリアルを組み合わせて、できるだけ多くの生徒さんに効率的に期末テスト対策を実施していただこうと考えております。


基本的には内部生向けのカリキュラムでありますが、外部生の方で期末テスト対策をどう進めようか悩んでいた生徒さんや保護者さんにご参加頂くことも可能です。

詳しいスケジュールや参加方法は、HP下部にあるLINEからお問い合わせくださいませ。

2020.06.16
細かくステップを踏んで指導いたします!! [代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただき、誠にありがとうございます!


さて、昨日は中学校1年生の女子生徒さんが、お母さんと一緒に体験に来てくれました。

英語がご不安という事前にご相談でした。


体験学習前に簡単にご面談し、具体的なご不安や将来の目標などをお聞きし、セルモの英語学習の特徴を説明しながら、体験学習を受講頂きました。


当教室で英語にご不安、英語の経験が浅い生徒さんには、以下のステップでご指導差し上げます。


①まず英語と日本語の言語の特徴の違いを説明します。特に耳に聞こえる周波数の違う言語であるので、10歳を超えて勉強を始める場合は、耳の聞こえる範囲が固まってしまう(英語やスペイン語のような高い周波数の言語は聞こえづらくなる)ので、文法や単語なども意識しながら時間と回数をしっかり確保してトレーニングいていかないといけないことを説明いたします。

②次に、文法用語の確認です。小学校の国語で基本的な文法用語(主語、動詞、形容詞、名詞など)は学習しているはずですが、実は文法の指導は省略されている学校の先生も多く、よく知らないまま中学校に進学している生徒さんが多いです。


そうすると、中学校の英語の授業で「ここは形容詞+名詞で、一つの名詞扱いになるよ〜。」と指導を受けても、そもそも形容詞って何?となってしまうわけです。


他、状況に応じて1年生の1学期で絶対に覚えないといけない「冠詞(a,an,the)」についても役割やその違いについて説明をします。


③次に、アルファベットの確認です。小学生の時に、若干は英語の勉強をしているので、大文字・小文字のアルファベットは書けると考えている保護者様が多いのですが、意外と間違えたまま覚えているアルファベットも多いです。


昨日体験に来られた生徒さんも、大文字はすべでOKでしたが、小文字は4文字ほど間違えて覚えていました。他、ノートの4線の正しい位置に書けるか、大文字と小文字の字のバランスなどを見ます。


④次に、学校の教科書はどういう順番で学習していくかを説明します。現在町田市内の中学校で使用されているニューホライズンという教科書は、最初に日常生活でよく使う基本英単語が150個ほど出てくるのですが、1学期の定期テストでこの単語が大量出題されます。

まさか、最初にこれほどの数を覚えなければいけないことを想像していなかった生徒さんは面食らいますので、なるべく早めにこの単語を覚えていこうねと声を掛けます。テスト直前に150個は覚えられませんからね!


他、ニューホライズンを始めとした教科書は、文法の説明や、英語と日本語の語順の違いをほとんど説明していないので、教科書で自主学習が難しいこと、日本語訳はセルモで差し上げるなど、教科書のデメリットを先にしっかりお伝えします。

⑤①〜④を生徒さん・保護者さんにしっかりご認識して頂いた上で、具体的な教科書の内容を学習していきます。ニューホライズンの場合、be動詞の学習から始まりますので、「be動詞とはなんぞや」「そもそも動詞って何?」「ピリオド、カンマ、アポストロフィ、短縮形」など、初期に学ばないといけない基本的なルールをしっかりレクチャーし、問題を解いていきます。


もちろんノートの取り方もご指導差し上げます。ノートは闇雲に書けば良いものでもなく、限られた時間で効率的に学習出来るよう、「自分の苦手な箇所やポイント」をしっかり把握出来るノートの書き方をレクチャーします。


⑥セルモのAI学習システムは、間違えた問題は必ず類題を復習する仕組みですので、生徒さんのペースに合わせて、きちんと覚えられるようになるまで繰り返していきます。他、宿題や確認テストの仕組みもご説明させて頂きました。


このように、英語が心配・経験が浅い生徒さんには、かなり細かいステップを踏んで説明をしていきます。一つひとつの項目をしっかり納得して理解することは、学習を進める上で、とても重要です。特に、学習に不安を感じている場合は、納得感を増すことが何よりも重要で、セルモではその点を意識して指導するようにしております。


体験に来られた生徒さんも、一番最初に知らなければいけない基本事項を、一つ一つステップを踏んで知れたことで、安心できたようです。最後には「セルモは楽しかった」と言ってくれました。お母さんも、2月に体験に行った某英語専門の塾より、かなり細かく丁寧に教えてくれるセルモの授業方針に感心頂きました(ありがとうございます。)。


特に、中学1年生の皆さんは、今のタイミングは不安が芽生え始めるタイミングです。不安を通り越すと「諦め」に繋がってしまうので、「不安」なうちに対処することが重要です。どうぞ、お気軽にご相談下さいませ。随時体験学習行っております。

ONLINE [教室長:松本]

本日も当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


通常授業が始まり、2日経ちました。やはり、生徒がいる教室は活気があっていいですね。


昨今、様々な場面でオンライン授業や面談、面接や会議が行われるようになりました。コロナウイルス感染拡大により、世の中に急速に広まりましたが、やはり賛否両論の意見があります。何事にも長所と短所があり、一概に良し悪しは言えませんね。目の前にいる生徒、保護者様と直感的にお話しできたほうが良いに決まっていますが、感染リスク回避、移動時間短縮などの利点があることは否めません。


そんな中、個別学習のセルモでは以前から実施されてきたオンライン授業がございます。


それはオンライン英会話のOLECOです。3000km離れた海外の外国人講師と生徒をオンラインで結んできました。これほどのSocial distanceがあるでしょうか・・・


始めた当初は緊張していた生徒たちも、今では笑顔で堂々と外国人講師と話せるようになりました(もちろん性格や適性はあります)。中学生から始めた生徒たちは、高校へ進学した今も続けております。生徒たちは、将来有益になること、人の役に立てることを理解しています。



生徒たちと高校受験に向けて、様々なことを話し合ってきましたが、常に「人の役に立ちたい」という優しい気持ちが根底にあったと思います。この子たちが存分に力を発揮できるよう、飛び立っていくまでは全力でサポートします。今度、彼らに英語で話しかけようと思います。どれくらい話せるようになったのか楽しみです(笑)


最後に、私が考えるオンライン英会話OLECOの利点を書きます。


① 英語を声に出すことで、細かい英文法が自然に身に付きます。


小中学生であれば、三単現のSを忘れがちですが、話し慣れていると感覚的に不自然さに気づくことができます。高校生であれば、難しい過去完了、大過去や仮定法などが自然に身に付きます。


② リスニング問題、TOEFL iBT、IELTS(アイエルツ)、TOEIC、英検の2次面接にめっぽう強くなります。


③ 発音が正しければ、スペルミスが減り、センター試験にあるアクセント・発音問題は確実に正解できます。


町田駅近辺にも英会話学校は多いですが、安全面、衛生面を考えますと、セルモの教室がより安心なのではないでしょうか。是非、ご検討いただければ幸いです。お子様方が安心して英会話に取り組めるよう全力でサポートいたします!

セルモ生のノートの素晴らしさ [教室長:松本]

本日の当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


休校期間中に生徒たちが提出してくれたノートの一部を紹介したいと思います。本当に言葉を失うほどのノートの素晴らしさを是非皆さまにお伝えしたいと思いました。(小学校4年生~中学校3年生)


個別学習のセルモでは、パソコンを使ったデジタルAI学習なので、記述やノートはどうなの?とお考え方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今からお見せするノートをご覧いただければ、セルモがどれだけノートの使い方にこだりがあるか、ご理解いただけると思います。


以下のノートは、普段のノートの取り方をベースに生徒たちが書いたものです。本当に素晴らしいですよ!



6月1日(月)より無料体験授業受付中です!!!是非各教室までお問い合わせください!

無料体験学習のお申し込みやお問合せは、LINEからでも可能です!