セルモの教室長BLOG

Selmo Blog

コロナ対策を一段レベルアップさせます! [代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧頂き、誠にありがとうございます。


コロナ渦・・。


ANA(全日空)が今期決算で最大5,000億円規模の赤字になるとの報道がありました。

会計上で5,000億円の赤字ですので、現金で5,000億円が無くなる訳ではないのですが、日本を代表する企業がこのような状況は大変不安ですね。多くの企業が、この秋・冬をどう乗り越えるか・・、知恵を絞っています。

まずはANAのように資金を調達する(ANAは4,000億円)しかありませんが、借り入れはいずれ返さなければなりません。返すためには、新しい時代に対応したサービスに変革していく必要があります。


お陰様で個別学習のセルモ町田忠生教室と町田木曽教室は、国や市の補助金を頂きつつも、緊急事態宣言解除後、順調に生徒さんの数が増えており、経営も安定しています。

特に町田忠生教室はほぼ満席となり、新規の生徒さんをお受けするのが難しい状況になってきました。木曽教室も先週・今週お二人の生徒さんがご入塾頂いております。


半数の生徒さんがお友達のご紹介でご入塾されています。ご支持頂けている理由としては、デジタルAIツールを使った「さかのぼり・さきどり学習」、その結果としての「受験合格実績」、細かなところでは「定期テストサポート(対策、補習授業)」「面接・作文・集団討論サポート」などのカリキュラムをご支持頂いているのではないでしょうか。


また、オンライン学習がSNS・ネット広告で花盛りですが(当教室もオンラインツールのご提供出来ます。)、やはりオンライン学習だけでは、なかなか小中学生が勉強するのは難しいです。特に数学や英語は、標準的な説明を聞いただけでは理解することが難しい・出来ません。

生徒さんのレベルに合わせた「解説」や「読解」をサポートしてあげる必要があり、その点当教室はデジタルツールを使いながらも、プロ正社員講師がサポートしている点も、ご選択頂いている理由なのだと思います。

来春に向けて、これらカリキュラムやサポートに新たなサポートメニューを検討しており、「地域で一番ご支持頂ける学習塾」を目指してまいります。


その他、学習環境面では、新型コロナウイルス感染予防対策にいち早く対応するため、空間除菌機の「ジアイーノ」や「空気加湿清浄機」を複数台導入したり、 飛散防止ガードも2月には導入を完了していました。その他、全30項目の清掃・除菌チェック表で、快適な学習環境を維持していることなど、トータルの取組をご評価頂いているようです。

先週来校された新規の生徒さんからは、「空気清浄機いっぱいありますね!」と驚かれました(笑)。なお、加湿空気清浄機については今週から加湿を始めているのですが、きちんと内部を殺菌洗浄しており、キレイな加湿が出来るようになっております。台数が多いので、清掃大変でした(苦笑)。1年使うと、加湿器内部はとんでも無く汚れます。みなさんもご自宅の加湿器を見てください。驚くかもしれません。

さて、タイトルにもあります通り、年内にさらなるコロナ対策を検討しております。日本商工会議所の補助金を活用し、写真にもある換気が出来るエアコンや、壁への換気ファンの設置、その他加湿空気清浄機も追加導入予定です。現在、補助申請中で、おそらく近日中に許認可がおりるはずですので、おり次第業者さんに工事注文を入れます。可能な限り、安心して学習して頂ける環境構築を目指します。

機械類の設置だけだと殺風景ですので、グリーンの配置もバランスよく行っております(笑)。

(第2回面接練習会)生徒たちの意識変化[教室長:松本]

いつも当教室のBlogをご覧いただき、誠にありがとうございます。


先週の土曜日、小雨の降る中、JA忠生会館にて第二回面接練習会を実施致しました。午前の部では遅刻者は0名、大きな忘れ物もなく滞りなく進行することができました。生徒たちも今までの自分を変えていこうという気持ちが伝わる練習会でした。


内容は前回のおさらい、全体練習と個人練習でした。質問内容も実践さながらの内容にいたしました。やはり練習をしてきた生徒とそうでない生徒に大きな差が出ておりました。熱心な生徒ですと、30分前から会場で待機、話す内容を口に出して練習していました。


中でも私の印象に残ったのは、普段あまりしゃべらない男子たちが、一所懸命指示されたこと、アドバイスされたことを素直に直そうと努力していることでした。うつむきながらだらだら歩く、それは面接に限らず、生きていく上でいいことはありません。中身がとても良い人物だとしても、他者が抱くイメージは見た目の印象が強いものです。



その生徒たちが声のトーンを変え、姿勢を正す姿は非常にすがすがしいものです。


私は面接官役だったのですが、まずは自己PRカードにある志望理由などの基本的な質問をしました。それ以外にも、想定される問答集20問から2問ピックアップして質問しました。生徒たちは宮谷代表より、どのような順序で答えを組み立てるのかを教わり、徐々に答え方も「さま」になってきました。


どんな質問にも答えられるように、まずは文書にしていくことが大切です。生徒たちには想定される問答を書いてくるよう宿題を課しました。


私たちは自分自身のことが一番見えておりません。どのように話し、歩き、着座しているのか。話す内容は相手にうまく伝えることができているのか。面接練習会では、そういう大切なことを生徒たちは学んでいます。来週の土曜日は第一回作文練習会です。今度は文書で伝える練習をしていきます。頑張りましょう。

学習用パソコンのUpdate!! [代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただきありがとうございます。

個別学習のセルモは、一人一台の学習用パソコンを使い「デジタルAI」学習ソフトのセルモシステムを利用しながら学習します(もちろん講師もバックアップしますよ。)。

よって、何より使用するパソコンの環境に拘っています。ちなみに、パソコンだけでなく、生徒さんの記入するノートにも拘っています。

昨年、町田忠生教室のモニターとパソコンを全面刷新しました。町田木曽教室は昨年の開校なので、すべて新しいパソコンです。

さて、最新のパソコンを導入してはいるのですが、実は導入しているPCの中に、記憶媒体としてハードディスクの端末と、SSDの端末が混在していました。

SSDというのは、HDDの何倍も高速な記憶媒体で、SSDを導入していると、パソコンの立ち上げや、一つひとつの動作がとても高速です。

Windowsを使っている方だとおわかりになりるでしょうが、パソコンというのは時にはフリーズ(停止)してしまうので、再起動も必要になってきます。

また、セルモシステムも、常にコンテンツの刷新が行われており、動画もデータが重たいものも増えてきたので、再起動やこれら重たいコンテンツのことを考えると、できればすべてSSDの端末が理想でありました。

昨年後半からSSDの価格が急落し、昨年後半に導入したPCはすべて最初からSSDだったのですが、前半に導入したPCはHDDのものが多い状況でした。

このような状況でありましたが、やはりSSDとHDDの端末の使い勝手に差を感じていましたので、思い切ってHDDの端末をすべてSSDとに入れかえることにしたのです。


2教室で24台もの学習用PC(予備を除く)があるのですが、換装用のSSDを購入し、先週末から順次入れ替えを行いました。

まずは、現在のHDDから写真のようなデータ移項用の機器とソフトを使い、クローンを作成します。

クローン自体は30分ほどで終了し、次にパソコンの蓋を空け、HDDからSSDに交換します。合計すると1台あたり、40〜45分程度で終了します。


先週の土曜日から作業を始め、本日30日の休校日を使い対象12台すべてのPCのデータ移行・換装作業が終了しました。

動作チェックも万全に済ませ、きちんと利用できることを確認しています。明日の授業から、快適にご使用頂けるものと考えます。

2020.09.30
定期テストで高得点を取るための流れを作る。[代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただきありがとうございます。


現在2学期中間テストに向け、追い込みまっしぐらです。


この4連休中も、昨日20日(日)を除いてセルモは開校しております。


※日曜日はコロナ渦の中、従業員の健康管理・維持の観点から、個別学習のセルモはお休みを頂くようにしております。日曜も含め、1年間休み無く無理に営業している学習塾さんもありますが、教室長さんはほとんど休まれていないのではないでしょうか?これで健全な指導が出来るか、極めて疑問です。


山崎中学校のみ、他の学校より2週間以上テスト期間が早く、先週テストが終わっており、「数学で90点以上取れたよ。」等の報告が上がってきています。


「どうするれば定期テストで高得点が取れるか?」


このテーマに対しての答えは、テスト範囲の学習内容をしっかり把握・理解し、理解が定着するまで繰り返し勉強するということしか無いと思います。


理想としては、テスト実施1ヶ月前には想定テスト範囲(例年のテスト範囲から推測)を終わらせ、詳細は科目によって異なりますが、原則としてはもう一度テスト範囲をおさらいする(2巡目)、仕上げに取り組む(3巡目)という3巡の流れを定着させれば、どの生徒さんも80点・90点以上の結果を得ることができるでしょう。


では、時間さえあれば誰でもこの3巡の流れで取り組めるのかというと、話はそう簡単ではありません。理科や社会の暗記系の科目であれば、比較的容易に取り組むことが出来ます。


しかし、数学や英語など、テスト範囲の学習に必要な基礎的内容が理解していない生徒さんには、1巡目を終わらせることが至難のわざとなります。例えば、中学3年生の英語は、今回現在完了という文法が試験のメインとなります。しかし、この現在完了を理解しようとすると、1年生のbe動詞や一般動詞はもちろんのこと、過去形・未来形などの関連する文法をすべて理解しておく必要があります。


数学も同様です。今回は平方根・2次方程式がメインです。多項式や因数分解、方程式が理解出来ていないと当然解くことは出来ません。

これは「系統学習」といい、英語は中学1年生、数学は小学校から続く学習の関連性のことを指します。この系統学習を無視して学習を理解・定着させることは無理なので、内申点の対象となる中学校3年生に入るまでに、系統学習の課題を解消しておかなければなりません。


では、系統学習でない理科や社会は3年生に入ってから勉強すればよいのか?それは全くの間違いです(笑)。理科や社会はとにかく量が多いです。教科書でいうと、3年間で2,000ページ近くになります。


中学1年生の学習は1年生のうちに、2年生の学習は2年生のうちに終わらせておくべきです。3年生になって、1年生からすべて学習しなおすのは、かなり辛いものがあります。


つまり、どの科目も計画的に学習しておかなければ、あとで大変な苦労をすることになります。我々の過去の経験からも、特に算数は小学校4年生以降に遅れを持ち越してはいけません。英語は中学1年生の1学期がリミットです。

2020.09.21
第一回面接練習会9月12日[教室長:松本]

いつも当教室のBlogをご覧いただき、誠にありがとうございます。


密を避けるため、今年は面接練習会を2回に分けて実施致しております。今回もアルコール消毒、アイマスク、マスクを徹底致しました。


9月12日(土)の様子をご報告いたします!



しっかり早い時間から生徒たちが待機しております。偉いですね。残念ながら遅刻してしまった生徒もおりましたが、本番では受験会場に入れてもらえないので次回からは気を付けてくれると信じております。宮谷代表からは、そこは厳しく教えられていました。そういう基本が学べるって、貴重なことだと思いませんか?


先日書いた去年遅刻してきた生徒ですが、それ以降の練習会では1番に到着していました。入試では、1人は新入生代表、もう1人は偏差値70近い高校に合格しました。優秀!




参加者は忠生中学校、町田第三中学校、日本聾話学校、南中学校、小山田中学校の受験生たちです。私は普段木曽教室の生徒たちとあまり会えないので、生徒と会うのがとても楽しみです。皆、真剣な眼差しでした。



宮谷代表による世界情勢と今後の話。今回も生徒たちにとって響く内容でした。最低賃金の話、独立して家を借りるにはいくら必要か、仕事をするにも保証人が必要なこと(たいていは親御さん)、今年の採用状況や周期的に訪れる経済危機など。今年もコロナが世界経済に大きな影を落とす中、いかに生徒たちの親御様が塾代を払ってくださっているか、そこをしっかり受け止めるよう話されていました。


「やりたいことが見つからない」と子供たちは言います。しかし、現実は生きるために仕事が必要なんです。誰かに信用されたり、誰かを守るということは、決して「やりたいこと」だけに目を向けることではありません。


この子たちはまだあどけない中学生です。しかしながら、高校生になるには入試という厳しい選抜試験に通らなければいけません。そして高校生になったら、大いにエンジョイしてほしいと思います。


私たちはそのために頑張りますし、それが私たちの仕事です。


頑張れ受験生!

無料体験学習のお申し込みやお問合せは、LINEからでも可能です!